厄神さん

六甲八幡神社で行われていた厄除大祭、通称“厄神さん”へ行きました。

新しい班での班行動と、一人500円のおこづかいで計算してお金を使う経験です。

最初は、どの班も“くじ”屋の前にたまります。
大半の男子がそこで300円と引き換えに、おもちゃの剣や鉄砲を握りしめます。
これまでくじ屋にたまる姿は何度か見たことがありますが、大物を手にした姿は未だに見たことがありません…
残ったお金を出し合い、分けれるどんぐり飴を買う子たち。

賑わう人たちの中で、大きくはぐれることもなく。

1班だけ、トイレの時に一人はぐれるということがありましたが、自分達で事前に集合場所を決めていたためすぐに合流できました。

はぐれはしましたが、知恵を自分のものとする、必要な経験となったことでしょう。

 

Post navigation

  3 comments for “厄神さん

  1. y_y
    2013年1月29日 at 23:25

    厄神さんのときは特に、
    普段もどんぐりでの話を聞いていると、
    いろいろと自分たちでトレードしながら
    やっていく様子がほほえましいなー^ – ^、と思います。

  2. 保護者のひろりん
    2013年1月30日 at 09:27

    この日は、けんけんが腹痛でご迷惑かけましたね。でも行けなかったけんけんの分、大好きなチョコバナナと、くじびきのナイフ 子どもたちがおみやげに買ってきてくれました。ありがとう。 こんなことろがやっぱどんぐりって最高っ。

  3. まーちゃん
    2013年1月30日 at 15:09

    お金の使い方に性格がよく出ています。
    すぐに使い切る子、じっくり考えて配分する子、迷った挙句に使い切れず消化不良の子。

    いつも遊ぶ八幡神。いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。