土づくり

サツマイモの苗を植えました。
秋の芋掘りが今から楽しみです!
イノシシに食い荒らされないことを願います。

畑での仕事の一つ、どんぐりで出た生ゴミを土に埋める“生ゴミ埋め”。
大きな穴を掘るため、結構な体力仕事ですが、
野菜が育つための土をつくる、大切な仕事です。

この日は2人で大きな穴を掘りました。よく頑張った!
生ゴミにも、発酵状態によっていろいろな“香ばしい”匂いがあります。
その違いを嗅ぐのも、生ゴミ埋めの仕事の楽しさ(?)の一つです。

家から生ゴミを持ってきてくれる子もおり、環境循環を感じてくれているのでしょう。

生ゴミ埋めの他にも色々な仕事がありますが、高学年の子は遊ぶよりも
働いている時間の方が長いほど、本当によく働いてくれています。
もちろん、遊ぶのも子どもの大切な“しごと”で、存分に遊んでくれればと思いますが、
働くことができる子どもの姿は頼もしく、一人間として大切なものをしっかり学んでいるのだと感じます。

えんどう豆の収穫が始まりました。
これからますます、野菜や生き物に溢れた、にぎやかな畑になっていくことでしょう。

  3 comments for “土づくり

  1. まーちゃん
    2014年5月20日 at 04:36

    畝立てする時、みんな職人になるね〜!
    わたくしも、プランターでキュウリ作りに挑戦( ̄▽ ̄)
    畑の土、欲しいな‥‥

  2. 匿名
    2014年5月20日 at 11:01

    生ごみが、土にかえって、野菜になり。そんな輪廻を子どもたちが体感できる場、どんぐりとその畑、本当にありがたいと感じています。
    そんなどんぐり育ちのけんけんは、なんでも「もったいない」「まだ使える」と短いえんぴつも穴の開いた靴下も捨てません。
    とても大切なことを体感しているんですね。こどもから学びます。

  3. ちっち
    2014年10月14日 at 11:23

    生ゴミの匂いってみいやんクラスになると楽しめるんや。
    僕はやっと気にせん事ができるようになったとこ。
    子供達が畑で一緒に働いてるのを見てると、ホントに頼もしくなるね。
    直接戯れてなくても心が繋がってる気がするし。

まーちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。