注連縄づくり

 来る新年に向け、注連縄づくりです。

”綯う(なう)”という、普段慣れない行為に最初は苦戦する子もいますが、毎年やり、身体が覚えいる子は早々に自分のを作り、下の子に教えます。最初は苦戦していた子も、教えてもらいながら覚えだすと楽しいもので、2個・3個と作る子もいました。

ちなみに、注連縄に飾り付けるウラジロ(シダ。その名の通り葉の裏が白い)は、白髪が生えるまで長生きできるように。ミカンは、子孫繁栄(種子が多いので)の意味が込められているそうです。

2013年、良い年になりますように。また一年、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

  3 comments for “注連縄づくり

  1. y_y
    2013年1月18日 at 14:24

    手作りのしめ縄、愛嬌もあっていいですね。
    去年はウラジロを間違ってつけてるって子どもに怒られましたが、今年はちゃんと飾れました^ – ^
    今年もよろしくお願いします‼

  2. 匿名
    2013年1月19日 at 07:54

    リースにしめ縄! 季節感を感じることができて良いですね!!
    来年は販売してみてはどうでしょう?か…

    矢継ぎ早のブログUP、ありがとうございます(感謝)

  3. ヒロりん
    2013年1月20日 at 02:17

    今年も手づくりしめ縄で、お正月の玄関を飾ってくれました。にしてもしめ縄作れる小学生ってすごいなー。指導員さん準備等々いつもありがとう。(^з^)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。