プレどんぐりちゃん募集

プレどんぐりちゃん、大募集!

来年4月に入学を控えられているお子様を対象に、どんぐりクラブの活動を体験するプレどんぐりちゃんを募集いたします。(小学校在学中の児童も対象です。募集人数5名)どんぐりクラブは、33年前の開設当初から、「異学年での群れ」をテーマに、ただのランドセル置き場にはしない、充実した放課後を過ごせる場所づくり、仲間づくりを大切にしてきました。できるかぎり、どんぐりクラブを理解し入所いただきたい思いで昨年度より「プレどんぐりちゃん」の体験を実施しております。11月から入学までの期間に、全3回のどんぐりクラブの活動にご参加いただけます。
入所のご判断にお役立てください。
〇プレどんぐりちゃん体験活動予定(変更の可能性もあります。ご了承ください)
★11月29日(土) 14:00~17:00 野外あそびと普段のどんぐりクラブ
★12月13日(土) 9:00~16:30   畑(北区)でリースづくりと竹はこび
★1月17日(土)  9:00~13:00 かまどでごはんを炊いて食事づくり
※保護者のみなさまもどんぐりの仲間と一緒に子どもたちのたいたごはんを味わってください
★2月14日(土)   9:00~16:30  畑(北区)で豚汁づくりと竹はこび
※畑活動は、先着順にて定員3名です。要保護者同伴
〇昨年度プレどんぐりちゃんに参加して・・・<学業以外で生きるための必要なことが体験できる場>(美野丘小1年生男の子パパ)
いきなり子どもだけ入ってやっていけるのか心配もあり、保護者同伴参加でスロースタートを考え参加しました。人見知りで、初日は、門にしがみついて中に入ることもできなかった子どもが、プレ終了時には親を離れ、子どもたちの中で楽しそうにしていました。
プレどんぐり体験での畑活動では、高学年が山での作業時に、小枝を拾い、その小枝でかまどに火起こしをする姿を見て、正直感動しました。
子どもが自分でしっかり考えたくましく成長するためによい環境を直接体験でき、正しく判断することができ、今では迎えに行っても早すぎる!となかなか帰ってくれないほどになっています。

<自然とふれあう機会をあたえたかった>(六甲小学校1年生女の子パパ)
子どもに自然と触れ合う機会を与えたいと思っていたこともあり、プレどんぐりでの畑活動を体験したところ、子どももたいへん楽しんでいました。また小さい子を気にかけたりフォローする上級生が、まさに頼れるお兄ちゃん・お姉ちゃんで、うちの子もこういう風に育ってほしいと思い、入所しました。

<子どもが馴染めるか心配だった>(美野丘小学校1年生女の子パパ)
ただでさえ小学校入学という環境の変化の中で、不安と緊張が入交じっている子どもが、どんぐりで馴染んでいけるのか心配でした。プレどんぐりに参加したのは、指導員さんや上級生がどのような接し方をするのかを確認する絶好の機会だと思います。まず感じたのは、お世話係の上級生のフォローで、子どもが次第に緊張がほぐれていき、楽しそうにしている姿を見たときの安心感です。
しかし当然ながら上級生も下級生のフォローも完璧ではない、そこを指導員さんが適時アドバイスをしていき、上級生も下級生の世話を通し群れの一員として成長していく、私の子どももどんぐりを通して成長していけると思いました。今では、親の私がどんぐりにはまっています(笑)

<自然の中でどの様な事をやっていけるのか知りたかった>(六甲小学校1年生男の子ママ)
もともと諸条件から、どんぐりが学童第一候補でした。子どもは畑で一輪車に載せてもらって騎馬戦をしたり、満喫したりしていました。上級生は年下との遊び方がうまくて感心。子どもは、「何年どんぐりに居んねん」というくらい馴染みました。かまどで子どもたちが炊いたご飯も、畑のかまどで作った豚汁も、畑で竹を燃やした残り火で炙ったちっくわも美味しかったです。

 

申込み希望の方は本ページの下部のフォームに必要事項を記入の上、送信ボタンをクリックしてください。

【入所説明会&プレどんぐり 申込みフォーム】

児童氏名 (必須)

保護者氏名 (必須)

住所 (必須)

電話 (必須)

メールアドレス (必須)

入学(予定)小学校(必須)

通園中幼稚園・保育園(必須)

題名(変更せずそのまま送ってください)

ご質問・ご要望