震災を知る

人と防災未来センター&メモリアルパークに行きました。

昨年 30周年を迎えたどんぐりも、阪神淡路大震災の時は建物が倒壊し、しばらくの間テント生活が続きました。

そのどんぐりの子どもも、いまや震災の後に生まれた子どもです。

当時を振り返る映像や展示には、そこに映る、自分達の過ごす日常と大きく異なる景色に怖がる子もいました。
5時46分を指す時計や、焼け溶けた看板など、ノンフィクションだからこそのリアルが、子どもにも印象的だったようです。

震災から18年の神戸は、復興も進み、震災の生々しさを感じる場所は少なくなったのでしょう。
ただ、この街にもいつかはおとずれるかもしれない、そして東北にはまだまだリアルな景色として存在する、そんなことにも思いを馳せられる子ども、そして自分でありたいと思います。

Post navigation

  2 comments for “震災を知る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。