びわ

どんぐりの庭には、ビワの木があります。

おやつで食べたビワの種から芽が生え、いまや子どもの背丈を大きく超えるビワ。

20年以上どんぐりの庭から子どもを見守り、初夏につけるたくさんの実だけでなく、子どもに木の登り方、そしてその達成感をも味わわせてくれたビワ。地震の時も、ビワはたくさんの実をつけ、その生命力をどんぐりに与えてくれたと言います。

そのビワも寿命が近いのか、葉も枯れ、この夏はほとんど実をつけませんでした。
残念ながらこのビワは切ることになりますが、そんな折、そのビワがつけた実の種から新しい芽が生えだしました。

今はまだまだ子どもの背丈にも到底及ばないビワですが、いつかは立派なOB(大きなビワ)となり、また子どもの味覚を満たしてほしいです。

 

Post navigation

  6 comments for “びわ

  1. y_y
    2013年2月1日 at 12:05

    今はちっちゃくてかわいい子どもたちも、
    大きくあじわい深いOBに育ちますように!(^-^)/

  2. Olive
    2013年2月1日 at 12:24

    いつの日か立派なOBと再会したいです!!

  3. まーちゃん
    2013年2月3日 at 12:10

    庭があること。
    どんぐりにお世話になる事を決めた理由のひとつでした。

    入所してみると、もっともっと魅力的な活動が次から次へ!

    剛くん、ミーやん、大庭さん、いつもありがとう。

    OB=大きなビワの木=大庭さん これからも見守って下さいね!

  4. 保護者のひろりん
    2013年2月4日 at 01:43

    どんぐりの庭は小さいけれど、大きな意味を持つ場所。木登りしたり、かまどしたり、もちつきしたり、まきを割ったり・・・・・そんなこどもたちを、何十年と見守り続けてくれた、びわの木 に感謝しつつ、OBびわさん、これからも何十年見守っての気持ちをこめたいです。

  5. Jeff
    2013年2月4日 at 02:35

    指導員さん、いつもありがとうございます。

    枯れた年に芽が出るなんて、何かを受け継ぐ気持ちで育っていくのでしょうね。

    みんなで大事に育てていきましょう。

  6. moon
    2013年2月28日 at 04:10

    入所してから毎年、ちょっとずついただいて食べていたビワ。
    いつでも誰かが木登りしてましたね。
    懐かしくて寂しいですが、それだけにせず
    ちゃんとそこから新たな芽を育てようとして下さっている
    指導員さんの心意気。
    本当に深く暖かいです。
    元気に子どもたちと一緒に大きくなって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。