秋の味覚

食欲の秋。秋ならではのおやつ。

庭のサクランボの木にヤマイモの蔓が巻き付いていますが、
そこに零余子(むかご)がたくさんつきました。
この零余子も、元々は庭にはおらず畑にいたのですが、
服などに着いて庭に運ばれてきたのでしょうか。
(ちなみに、気づけば僕の自宅のプランターにも育っていました…)
ご飯に混ぜてかまどで炊き、おにぎりにしておやつに。

公園に出かければ、落ちている銀杏に秋を感じます。
拾って、これまた庭で煎っておやつに。
臭いでは嫌っていた子らも、味には割と喜んでいました。

服について長距離を移動してきたり、毒素で自らを守ったり(銀杏の解体で、僕も手が荒れました)、彼らも種を守ろうとなかなか大したものですが、美味しく頂きました。



  4 comments for “秋の味覚

  1. 匿名
    2014年10月6日 at 10:05

    けんけんは、ぎんなん拾いに行ってくさかったーー。。。とうれしそうでした。そんなおやつは実は贅沢なんですよね。いつも自然のおやつありがとうござます。。。

  2. まーちゃん
    2014年10月12日 at 13:27

    どんぐりっ子はなんでも食べてみる!って感じやね( ̄◇ ̄;)
    零余子ごはんは興味あるな〜。。。どんな味なんだろ?

  3. ちっち
    2014年10月14日 at 12:01

    どっちのおやつも季節感満点でいいですねえ。
    ムカゴ飯なんてそこいらの子供は知らんやろなぁ。
    身近にある植物の食べ方を知ってると、食材は買って来るものっていう枠から出れて、日常生活の中に観察する目が育つんじゃないかなあ。
    うちでは畑でもらったシソの実が大活躍っしてます。

  4. まーちゃん
    2014年10月17日 at 18:38

    この間の畑の時、
    子どもが走り回りながら、
    棚に巻き付いてる葉っぱを、
    ちぎっては口へ!?何枚も、、、
    通り過ぎる度に、、、みんな、、、

    何してるんかな?と尋ねたら、
    『ツルムラサキ!おいしいで』やて‥‥
    たくましぃ〜な(; ̄O ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。