畑に行きました。

冬場は、畑での仕事は少なく、竹藪での作業がメインとなります。

梅雨時になると、まさに「雨後の筍」という言葉通りに次々と生えてくる筍に備え、古くなり腐った筍を畑まで運び、燃やしてその灰を肥やしとします。雨上がりだと泥水で湿気てることもありますが、汚れることも厭わず「あと1本いける!」と言いながら5本、6本と両脇にかかえひきずる子ども。何度も落としながらも、また抱え、畑まで運び終えたときに残るのは、労働の疲れと「○本運んだ!」という達成感です。

その竹藪で、この1月から“秘密(?)基地づくり”が進行中です。3年生の男の子発案の当企画。今回は“まーちゃん”さんの協力もあり、高床が完成しつつあります。いったいどんな基地ができるのか。このブログでも随時アップしていくつもりですので、お楽しみに!

 

Post navigation

  7 comments for “

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。