W杯

世はW杯一色ですね。
明後日25日の対コロンビア戦はどうなることか。

どんぐりでは、そんな世の流れを受けてか受けずか、
何人かの男の子の間で野球がブームになっています。

日本サッカーの結果より、日々カープの勝敗に一喜一憂の子。

これまで、ザリガニ釣りに夢中だった1年生も、お兄ちゃんらが野球するのを見て、興味を持ち始めました。最初は「打たれへん」と及び腰でしたが、新しい遊びの楽しさに気付いたようで、釣竿よりもバットを握ることも増えてきました。

遊び一つでも、最初から上手にできるわけではありません。
できるように練習し、そしてできない子には教えてあげる。
バットの振り方、ボールの投げ方、打ったらベースに走ること、etc…。
そうした遊びを通してこそ、子どもは自然と集団性を獲得していくのでしょう。
「たかが遊び」と、決して無下にはできません。

とは言いつつも、「雨の日くらい違う遊びすれば?」とついつい思う僕ですが。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  5 comments for “W杯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。